院長ご挨拶

早崎院長写真② 平成29年4月より院長を拝命しました早崎重雄です。
 当院の勤務歴は長いのですが当院の院長といえば林道彦先生であり、院長と呼ばれると35年の歴史と責任の重さに背筋が伸びる思いがします。
  “朝倉記念病院”という名は林与吉郎先生の朝倉診療所における長年にわたる地域・保健・医療活動(病人を出さない村つくり)の足跡を活動理念とするうら梅の郷会の事業を記念してつけられています。
 病院の土地には以前造り酒屋があり、精神科の病院の開設に対し、当初地元では反対の意見が多かったのですが「与吉郎先生が近くに来てくれるなら、何科でもいいじゃないか!」となり賛成多数になったと聞いています。
  昭和57年開院当初、林道彦先生は「記念病院はどのような病院にしようか。田舎で交通の便が悪く、立地条件はあまりよくないが、静かでのんびりしているので生活するには悪くない。外来はあまり期待できそうにないので、慢性の分裂病の人が、のびのび療養できるような病院にしよう。職員が皆優しくて、食事も美味しくて、薬の量もなるべく少なくて、ゆっくりできれば自然と落ち着くのではないか。それと、内科部長(林与吉郎先生)の提案であったが、これからは老人痴呆が大問題になる。痴呆老人も受け入れられるようにしよう。」と考えておられました。この目標・理念は今もまったく変化していません。幸い外来の患者数は増加していますが、与吉郎先生の予測通り認知症の患者さんの対応に日々追われています。また、統合失調症の方だけではなく、躁うつ病、うつ病という気分障害の方の入院も増加しました。この35年で副作用の少ない薬が数多く使用できるようになり薬剤の選択肢が増え、できるだけ少量の薬剤投与という開院当初の方針が当たり前となりました。
 今後も“現場主義”(「患者さんをずっと診ていますと、問題点がどんどん出て来ますでしょう。それでその問題の解決法が見つかったらすぐに実践に移す、というやり方」与吉郎先生の言葉)を継続し、患者さん・患者さんの家族・地域・医療機関に開かれた病院でありたいと考えています。ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

医療法人社団うら梅の郷会
朝倉記念病院

院長 早崎 重雄

概要

外来のご案内

診療日・診察時間

  • 平日・土曜日午前  
     9:00~12:30   ※受付12時まで
  • 平日の午後
     平日の午後は予約制です。

※午後は再診のみで「予約制」です。
※事前にお電話でお問い合わせ願います。

休診日

日、祝祭日、土曜日午後
年末年始(12月30日~1月3日)
お盆(8月13日~15日)

その他

  • 初診時は「健康保険証」をお持ち下さい。

精神科デイケア

実施日:月~金曜日

  • 精神科デイケア
  • 精神科ナイトケア
  • 精神科デイ・ナイトケア
  • 精神科ショートケア(午前・午後)

入院のご案内

  • 総ベット数:180床
  • 急性期対応病棟:60床
  • 安定期対応病棟:60床
  • 回復期対応病棟:60床
  • 個室:15室