所長あいさつ

上野先生
介護老人保健施設は、ちょうど在宅療養と入院治療の中間に位置し、介護、看護、リハビリテーションを行なうことで入所者および通所者の日常生活を支援する療養施設です。

城山荘、デイケアセンターうらうめ共に朝倉記念病院の関連施設であり、城山荘は主に入所者を、デイケアセンターうらうめは主に通所者のお世話をしています。

両施設では、「おもてなし」の意味合いを込めて、利用者の皆様のことをゲストと呼んでいます。

近年認知症のゲストが増加しており、両施設ともその対応を迫られています。認知症は、現時点では治療困難な病気です。唯一有効な治療法は適度な持続的刺激(学習と運動)を与え、ストレスを解消することだと言われています。

認知症のゲストが日々の生活に満足しているのかを判定する指標は「笑顔」しかありません。そこで、城山荘やデイケアセンターうらうめでは、百人の笑顔運動なるものを立ち上げ、戸外で自然な風景を見に、あるいは外食をしに、少人数グループで定期的に外出したり、屋内で足湯やアロマテラピーを行ない、意思疎通ができない、あるいは自分で身体を動かせないゲストに働きかけています。

ゲストが気兼ねなく安心して快適に過ごせるようにお世話をさせていただきますので、どうぞ両施設をお気軽にご利用下さい。

 

介護老人保健施設 城山荘
サテライト型小規模介護老人保健施設 デイケアセンターうらうめ
所 長  上野 豊吉